カードローン審査の緩い業者ってあるの?

どうしてもカードローンを組みたい!審査基準が甘い会社を教えて

「実はカードローン自体が初めてなんですけど。急ぎでまとまったお金が必要で…どうしてもカードローンを組みたいんだけれど、審査が甘いところだったらすぐ借りれますよね?審査基準の甘い金融会社を教えてもらえませんか?」

審査基準が甘いところというのは、借り入れがしやすいという意味ですよね?

銀行よりも消費者金融が審査基準のハードルは低めと思っていていいでしょう。ただ、単純に「ここの金融会社が厳しくて、ここの金融会社が甘い」とは言切れない部分があります。(こちらもご参考に→審査が甘いカードローンは高金利?

金融会社は基本的に銀行であれ、信販会社であれ、消費者金融であれ、とにかくお金を融資することを業務としている会社は、国の定めた法律に基づいて経営しています。そのため、本来、審査基準というのはどの会社も同じです。まあ、銀行は銀行法、消費者金融は賃金業法というような違いはありますけどね。

このふたつの一番の違いは、《総量規制》です。総量規制というのは、簡単にいってしまうと、「年収の3分の1を超えての融資はしてはいけません」というものです。これは賃金業法に定められた法律で、銀行法は《総量規制対象外》とされています。つまり、銀行は融資する際に規制はなく、消費者金融は融資する際に規制があるということになります。
(⇒総量規制対象外のカードローンにはどんなメリットがある?

それに加えて、金融会社はそれぞれ独自のプランに対しての審査基準も設けていますから、その内容によって各社の審査状況も多種多様となっているのです。

銀行の場合、金利が低く、高額融資も可能であることが多いです。借り入れする側に負担が少なくて、借りることが出来る金額も大きい分、銀行側はその分のリスクを考えなくてはいけません。その分、審査はそれなりに細かく基準が決められることになるのです。

消費者金融は銀行よりも金利設定が高めです。融資の上限は会社によってだいぶことなりますが、大手は比較的高額設定であることも。ただ、銀行に比べると、そんなに高額設定しているところは多くはありません。

消費者金融でも大手はそれなりの審査基準を設けていますが、銀行よりは厳しく感じない人が多いでしょう。

借り入れをする際の審査に関していえば、一般的に仕事や収入が安定している公務員や会社員などは審査に通りやすい傾向にあります。一方で、個人経営や自営業などの人の場合だと、収入の不安定さから審査に通りにくかったり、借り入れの希望額よりも少なめにしか借り入れ出来ないといったことも珍しくありません。

初めての借り入れであれば、借り入れ希望額を年収の3分の1以上とか満額で提出せず、必要最低限だけで申請し、記入事項も誤字脱字や詐称がなければ、それなりの借り入れは出来ますよ。

【参考ページはこちら】
審査の甘いカードローンはブラックでも借りられる?

12
閉じる
閉じる