カードローン審査の緩い業者ってあるの?

カードローンの金利ってなに?そんなに大切なことなんですか?

「銀行や消費者金融のカードローンの広告に“金利●%”って大きく表示されているけど、そんなに重要なことなの?」

金利は重要ですよ!カードローンを考えているってことは、お金を借りたら、返すときには利息を含めて返済というのはもちろんわかっていますよね?

その利息の割合を大きく左右するのが、この金利なのです。約4%?約18%の間で設定されていることが多く、審査でその割合は決定されます。

この金利の割合が低ければ低いほど、返済時の利息は少なく、割合が高ければ高いほど利息は多くなるということになりますから、この金利の割合ひとつで返済時の利息は大きく違ってくるのです。

カードローンは他のローンに比べると気軽に申し込みがしやすいせいか、金利についてよくわからないまま契約をし、後になって、予想以上の利息に返済が苦しく感じる人も少なくありません。これは、金利の重要性を認識しないままに、カードローンに申し込むことが大きな原因になっています。

どんなに気軽に利用出来るとしても、お金の問題ですから、金利設定をないがしろにしてはいけません。カードローンのような単純な利息の計算なら、インターネット上で公開されている、利息計算の方法で簡単に算出できます。これはこの計算式さえわかれば、式に数字を当てはめさえすれば、電卓ひとつで素人でも計算できるものです。どのくらいの金額をどのくらいの期間利用したら、どのくらいの利息が発生するかがわかります。

ちなみに、利息計算の方法は以下のものになります。

利息=利用残高(実際に利用したお金)×実質年率(金利)÷365日×利用日数

この式に金額や借りた日から返済するまでの日数を当てはめるだけです。ね、簡単でしょう?

金利の割合で、返済時の利息にどれだけの差額がでるのかを実際にやってみると、すごくわかりやすいし、納得出来ます。7%と18%で比較してみるとか、30日と60日で比較してみるとか、20万円と30万円とかを比較してやってみて下さい。特に利用金額が大きければ大きいほど、金利は利息に大きな影響を与えます。

どんなに気軽に申し込めるとしても、カードローンは借金であることに変わりはありません。きちんと利息まで考えて利用するという意識をしっかり持つようにしましょう。

【参考ページはこちら】
金利が高すぎるときはおまとめローンがおすすめ

12
閉じる
閉じる