カードローン審査の緩い業者ってあるの?

カードローン審査ってどんなことを調べているの?

カードローンだけ限らず、お金を借りるためにローン契約をしたい時には必ず審査を受ける必要があります。

「でも、このローンの審査って一体何を調べるの?審査で調べたことがローン契約にどういう影響があるの?」

借り入れの時に受ける審査では、借り入れを希望する人に、どれだけの返済能力があるか、そしてどれだけ信用出来る人物であるかを調査します。なにせ、金融会社側は見ず知らずの個人に対してお金を貸すのですから、当然、どれだけ信用してどれだけのお金なら融資しても確実に返済されるかを見極めていかなくてはいけないのです。

「提出した個人情報も、調査のために使われるんですか?」

そうです。住所や氏名の記入事項に嘘の申告がないかを調べるため、身分証明書となる運転免許証や健康保険証、パスポートなどのいずれかを提出します。誤字脱字には気をつけましょう。誤字脱字が=詐称行為と判断されてしまうこともあります。詐称行為と判断された、審査に通らなくなってしまいます。

こうなった場合には、これが個人信用情報へマイナスの記録として残されてしまいます。これは、次に別の会社で申し込んだ時にも審査に影響し、借り入れが出来なくなる可能性が高まります。たかが書類と侮らないことです。

個人の情報を金融会社に提出してもらうのには、もうひとつ理由があります。それは現在の借り入れの状況を調べるためでもあります。

申し込みの時に、他社での借り入れの有無が問われますが、これもごまかしてはいけません。少しでも多く借りたくて、ついごまかしてしまったという話もありますが、これはNGです。これは個人の借り入れに関する情報が管理されている個人信用情報に照会すれば、すぐに判明します。嘘があったとわかった場合、これもまた、マイナス情報として、個人信用情報に記録が残ります。

どんなに収入が安定していても、安定した職種に就いていても、役職であっても、個人信用情報にマイナス情報がある場合、借り入れの際に希望額よりも下回った金額の融資しか受けられなかったり、最悪の場合には審査にすら通りません。(こちらもご参考に→職業別に見る利用しやすいカードローン

また、在籍確認にも重要な意味があります。在籍確認では申告された職場にきちんと勤務しているかどうか、確認の電話が入るのが基本です。金融会社には個人の借り入れの事実を公表しない、してはいけないという義務が法律で定められています。金融会社からの審査の電話だということは知られないよう、個人名で連絡が入るので、心配しなくても大丈夫ですよ。

【参考ページはこちら】
即日融資には審査から在籍確認までの時間がポイント?

12
閉じる
閉じる