カードローン審査の緩い業者ってあるの?

カードローンの利用限度額ってどうやって決まるの?

カードローンには利用限度枠というものがあります。これは借り入れをする債務者の返済能力に応じて決められます。では、この返済能力はどのようにして判断されているのでしょう?

それは“借り入れ審査”です。カードローンに限ったことではありませんが、金融会社からお金を借りようと思った時には、必ず利用する金融会社の借り入れ審査を受けなくてはいけません。
(⇒カードローンの審査基準が緩いのはどこ?

この審査では、その人が現在どのような職種に就いていて、年収がどのくらいあり、返済能力がどの程度のものなのかを調べます。また、この際に提出する個人情報に嘘偽りがないかを確認することで、この人が信用できる人物であるかを確認するのです。

個人に置き換えてみて下さい。たとえ知り合いであったとしても、お金に対してルーズだったり、普段の発言に嘘が多かったりすると、「困っているからお金を貸して」といわれたって、なんとかごまかしてでもお金を貸したりなんてしたくありませんよね?

金融会社はその「お金を貸す」ということを知り合いでもなんでもない人間に行うのですから、どれだけ信用していいのかを知る必要があるのです。

また、融資には国が法律で定めた規則というのもあります。総量規制という、年収の3分の1以上の融資をしてはいけないという規則があるのです。ですから、もしも借り入れする人の年収に対して、その人の希望する借り入れの金額が年収の3分の1以上を超えていたら、これは希望通りに融資をするわけにはいかないのです。

それに、総量規制でいう年収の3分の1は、1社に対してというものではありません。複数の金融会社で借り入れがある場合、そのすべての借り入れを合計した金額が対象となるのです。ですから、もしも借り入れを希望している人に、他社ですでに借り入れがあった場合には、その金融会社からの借り入れも計算に入れなくてはいけないのです。

こういったことをすべて踏まえた上で、金融会社は申し込みしてきた人に対して融資出来る金額を産出していくのです。こうして、借り入れ希望者に借入限度額が提示されるというわけです。

「じゃあ、融資限度枠の上限いっぱいまで誰もが借り入れ出来るわけじゃないんですか?」

はい、そういうことです。融資限度枠といういうのは、「このプランへのお申し込みの場合は、この金額までの融資となります」というものです。もしも年収が800万円あったとしても、融資限度枠が100万円設定のプランに申し込んだ場合には、最高100万円までしか借り入れができません。このプランでは200万円は借り入れできませんよ、ということなのです。

【参考ページはこちら】
限度額がいっぱいだから他の会社でも借りたい!

12
閉じる
閉じる