カードローン審査の緩い業者ってあるの?

無職の人が本当に困った時に…カードローンを組めるのはここ

無職=収入がない。ということは、カードローンを組もうと思っても組めない。現実問題として、無職だからこそお金に困っているのに借りられない。

五体満足で健康なのに、就職活動もせずにただダラダラと過ごしているなら、まあ当然だともいいたくなりますが…必ずしも無職者すべてがだらしない毎日を過ごしているわけでもありません。

一生懸命働いていたのに会社経営状況が悪くてリストラされたり、会社そのものが倒産して仕事がなくなってしまったり。

病気になってしまって、やむ終えない状況で退職したものの、回復後の就職活動が上手くいかない。

年老いた親の介護をするため、仕事を辞めるしかなかった。

本人の意としない状況での無職状態だって、今の日本にはたくさんあるのが現状です。

そんな時でも、まとまったお金が必要な時があります。例えば冠婚葬祭。特に相手だ親しければ親しいほど、お金がないからと無視するわけにはいきません。

こんな風に、何かしら困った状況になった時、無職者はどうしたらいいのでしょう?

実は、ほんの一部ですが無職の人を対象に融資をしている金融会社があるんです。

大手金融会社では、無職の人が申し込みして利用するなんてことはまず無理なことですが、中小消費者金融の中には、無職者の就職活動や社会復帰を支援するような意味で融資をしている会社もあります。
(⇒無職でもカードローンで借入できるの?

少額融資プランなので、大きな借り入れは出来ませんが、冠婚葬祭や就職準備などには十分なサポートになるくらいにはなるはずです。

しかし、どんなに少額でも借金は借金です。単純に「無職でも借りられるんだ?」なんていう気持ちで利用してはいけません。働く気もないのにお金を借りたりなんかしたら、延滞・滞納を続けて、挙げ句には債務整理なんてことにもなりかねません。これで個人信用情報にマイナス記録が残れば、数年は借り入れなんて出来なくなります。本当に必要になった時に利用出来ないと、それこそ大変ですよ。

誰かから借りればいいなんて思う人もいるようですが、債務整理をしたような人に、喜んでお金を貸すような人はなかなかいませんよ。だって、お金が返って来ないかもしれないんですもの。

例え無職でも利用出来るカードローンでも、本当に必要かどうかをしっかりと考えて、どのくらいの借り入れが必要なのかをしっかりと考えてから利用しましょう。

良い助けとするのも、悪い状況にしてしむものとするのも、すべては利用する本人次第ですよ。

【参考ページはこちら】
無職で収入がない人が融資を受ける方法とは

12
閉じる
閉じる