カードローン審査の緩い業者ってあるの?

職業別に考える!利用できるカードローン会社

“カードローンを用意している金融会社はたくさんあります。特徴はその会社それぞれで、同じグループ会社のカードローンでも、会社ごとにメリットやデメリットももちろんことなります。

一般的に、カードローンの審査は職業によって通りやすい・通りにくいが左右されるとされています。これはカードローンの融資条件の中に“一定の安定した収入のある人”という条件が含まれているため。

それ以外にも、“収入が安定している=社会的に安定した職業”ということが安定した収入という考えにも繋がるため、職業も重視される要因になっています。わかりやすいのが、公務員や会社員です。会社員の場合は特に、一流企業に勤務している人が特に有利です。

つまり、その反対を考えた時に、不利となる職業が存在するということになります。自営業や個人経営者がその対象となります。一般的な雇用されて働いている人と比較すると収入の安定性に欠けるためというのが理由です。(こちらもご参考に→アルバイトでもカードローンを使える?

有利な職種に就いている人は、カードローンを組む際にも低めの金利設定で、融資限度枠も比較的、希望に近い金額での借り入れが可能です。それに対して、不利とされている職種の人は、どうしても、金利が高めの設定だったり、希望よりも利用限度枠が低くされたりと、なかなか思うような形で契約出来ないというのが現状です。

ただ、これは基本的な内容になります。もしも過去に借り入れの事実があって、個人信用情報に記録が残っているような場合はこの内容によっても、条件が変わってきます。たとえば、どんなに有利な職種の人であっても、この個人信用情報の記録にマイナスなものがあれば、希望する内容よりも条件が下げられます。

また、自営業や個人経営者であっても、毎月の収入がある一定以上の金額があって、それなりに安定している状態であれば、申し込みした時の希望額によっては、希望の借入額に近い内容で契約することが可能なこともあります。

また、銀行や銀行グループとなっている大手消費者金融などは金利が低く、融資限度枠も大きく設定されていることで条件はいいのですが、審査基準は細かく設定されているため、一般的に“審査が厳しい”といわれます。一方、中小消費者金融は金利が少し高めで、融資限度枠も銀行や大手消費者金融と比較すると低めに設定されているのですが、審査基準は大手と比較するとそう細かくはなく、一般的に“審査が緩い”といわれます。

カードローン審査において、職業は重要視される項目のひとつではありますが、過去の金融会社利用の履歴によっても、条件が上がるか下がるかが決まります。

【参考ページはこちら】
a href=”http://moneygott.com/kiji-19/” >経営者でもモビットカードローンは使える?

このカテゴリの最新記事
12345...
閉じる
閉じる