カードローン審査の緩い業者ってあるの?

何が違うの?金融業者別・カードローンの特徴と利用の仕方

カードローンを取り扱っている金融業者はたくさんあります。しかし、一言でカードローンといってはみても、比較してみると多少なりの差があるのは、一般人の目からみても明らか。

「こんなにいろいろあると、何がいいのかさっぱりわかりません!」

はい。ごもっともです。

ですが、ウラを返せばこれだけ違いがあるということは、より自分にあったプランを探しやすいという事にも繋がります。高額融資を受けたい人、少額でもいいから金利が低い借り入れをしたい人。自営業でも借りられる会社…。

そう、世の中にはいろんな人がいて、いろんな職種の人がいるのです。その人によって、どの金融業者のカードローンに申し込むのがいいのか、もしくはどのようなカードローンになら申し込みが出来るかなどに違いがあるということでもあります。

例えば、同じ大手金融会社のカードローンでも、無利息期間を設けている会社、金利を低く設定している会社があります。この場合、30日などの短期間で返済が出来るような借り入れならば、無利息期間を設けている会社を利用した方がお得です。一方、高額で時間をかけて返済したり、長期借り入れ・利用目的の契約の場合なら、金利が低い方を選択するのがお得です。

また、職種によっても借り入れの合否や、借り入れ出来る限度枠が決まってきます。審査基準自体は、国の定めた法律が基礎となっていますが、この審査基準にも各金融業者ごとに独自の基準が加わっているので、どこで借り入れするかで金利や融資限度枠に違いが出てきます。
(⇒審査基準が緩いカードローンを教えて!

大手の金融業者の場合は融資限度枠の上限も高く設定されていて、金利も低い設定になっていることが多いので、大抵は好条件での借り入れが出来ることになります。

ただ、大手の場合は審査基準が厳しいため、審査の時に申請した借り入れの希望額や、不安定な職種だったりする人の場合には借り入れが出来ない可能性もあります。

こういった人の場合、同じグループ会社の別の消費者金融だったり、中小消費者金融への申し込みで借り入れが出来る可能性があります。

同じグループ会社の場合、まったく別のタイプのプランを提供していたり、融資限度枠を低めに、金利を少し高めに設定してることもありますから、まずは窓口で相談してみるのもいいでしょう。

また、中小消費者金融を利用する場合には、融資限度枠は大手と比較すると低めになっていることがほとんどなのですが、審査基準が大手よりも厳しくはないので、よほど個人信用情報が悪い上程でもない限り、借り入れできる確率は高いです。大手の金融業者で相談してみて、もしも断られた場合には中小の金融業者で相談してみるという順番が適当です。

【参考ページはこちら】
審査が緩いカードローンに関するおすすめQ&A

キャッシングが大人気の昨今、消費者金融だけでなく、...

12
閉じる
閉じる