カードローン審査の緩い業者ってあるの?

カードローンを組みたい…審査の緩い金融会社を教えて!

カードローンの契約をする時には、どうしても審査を受けなくてはいけません。この審査に通らなければ当然、お金を借りることは出来ません。

カードローンを申し込む際に受ける、この審査。よく「あの金融会社は審査が厳しい」とか、「この金融会社の審査は緩くて借りやすい」といった声を耳にしたり、インターネット上での口コミや書き込みがあったりします。これはどうしてでしょう。(こちらもご参考に→カードローンの体験談に関するおすすめ記事

本来、金融会社の審査基準には、“厳しい”とか“緩い”といった状態はないはずなんです。何故かというと、正規の金融会社は、国に認可された国の法律に基づいて貸し付けをしている経営店だからです。

この法律の中には貸し付けや取り立てに対しての細かい決め事が存在していて、その中でも、借りる側に直接関わっているのが、《総量規制》です。総量規制とは、わかりやすくいうと、「年収の3分の1以上の貸し付けはしてはいけません」といった内容のものです。これに違反して貸し付けをした金融会社は罰則を受けることになります。

この「年収の3分の1」の意味は、金融会社一社という意味ではなくて、金融会社からの借り入れの総額といいう意味です。

個人の借り入れ状況は《個人信用情報》を管理している専門機関に問い合わせれば調べることができ、正規の金融会社は必ずこの、個人信用情報を管理している管理会社に登録をしていて、いつでもこの情報を確認出来るようになっています。また、この情報はすべての金融機関が共有しているものなので、審査の時に提出する書類をごまかそうとしたりしても、すぐにバレてしまいます。

「国の法律で決められているのに、なんで審査が緩いとか、厳しいとかって声があるの?」

そうなんですよ。そう思いますよね?

実はこの、国が定めた法律以外の部分が発生しているからなんです。

カードローンにも会社ごとに違いがあって、いろんなサービスプランがあります。このプランに沿った条件が出てくるため、自ずと各社独自の審査基準となっているからなんです。また、各社の金利や融資限度枠なども、法律に夜基本条件に、各社独自の色をつけています。

国の基準+会社の基準=審査基準となるため、細かい基準がある会社ほど審査は厳しく、そう細やかな設定ではない会社ほど緩く、とまあそういうわけです。
(⇒カードローン審査が緩いのはどこ?

一般的に、金利が低くて融資限度枠が高く設けられていて、社会的にも認知度や安心度の高い会社の審査が厳しく、金利が高めで融資限度枠が狭い、社会認知度の低い会社はわりと審査が緩めといわれています。

また、同じグループ会社の審査を受けても、A社はOKでB社はNGだったということもありますので、会社ごとに違いがあるのは明白です。

【参考ページはこちら】
審査が軽いカードローン利用上の注意とコツ

このカテゴリの最新記事

キャッシングが大人気の昨今、消費者金融だけでなく、...

12345...
閉じる
閉じる